|   ログイン  |   新規会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
色彩飛行
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
絵本
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2021年版カレンダー
2022年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
彫刻 > 矢部裕輔 Hirosuke Sculptures

前の書籍 矢部裕輔 Hirosuke Sculptures 次の書籍

矢部裕輔 Hirosuke Sculptures


[ 画像を拡大 ]
矢部裕輔 Hirosuke Sculptures
刊行 : 2022年5月
定価 : 3,630 円 (本体 : 3,300 円)
ISBN 978-4-7630-2204-2 C0071
数量 


次はどんなことを見せてくれるのだろう。
その翼のはばたきのような音がうれしい。
(本文 舟越桂「矢部君の翼」より)

What does Hirosuke Yabe have in store for us next?
The sound I hear now, like wings flapping, delights me no end.
Katsura Funakoshi

荒削りで刺激的、可愛くて恐い、矢部裕輔の初作品集!


本書は国内外で活発に発表をする彫刻家・矢部裕輔の初めての作品集。
矢部裕輔は、素材であるずっしりとした木材や小さな木片、廃材なども使い、あえて表面を木工ドリルで穴だらけにしたり、生々しい削り跡を残したままにしながら、強烈な存在感を放つモンスターや悪魔、愛らしい反面ちょっと怖さが潜む女の子やユーモラスな動物、不可解な生き物などを次々と生みだしていく。
様々な姿や表情をした作品に込められているものは、一貫して「人間とは何なのか?」という思いである。人間社会が抱える不条理や悪意、暴力性といった部分と、弱さと強さに揺れながら善意や愛情をもって生きる部分との矛盾。私たちは一体どんな生き物なのか。矢部作品にはそんな人間への愛しさが滲んでいる。
刺激的で可愛くて恐い、注目の作品集!

This edition is a first collection of works by sculptor Hirosuke Yabe who actively presents them internationally.
Yabe creates striking figured monsters, enigmatic creatures, girls and humorous animals that are lovely but slightly scary one after another using heavy blocks, small chips or even discarded wood, leaving them intentionally with bare traces of carving effect, sometimes with full of holes drilled in.
The sense charged into these works with various figures and expressions is coherently the question: “What is human being?”
Contradiction of our section with absurdity, malice and violence that humanly society carries and our other section living with good will and love that struggles between both poles of weakness and strength ― being as such, what kind of creature are we? Yabe’s works implicates such affection towards human being.

●日英併記 Japanese/English

<目次>
文章/矢部裕輔
図版
アトリエ
「矢部君の翼」/舟越桂
文章/矢部裕輔
作品リスト
年譜

著/矢部裕輔
寄稿/舟越桂

B5変型 並製本 160頁(図版約100点)

<contents>
Text/Hirosuke Yabe
Plates
Atelier
Hirosuke Yabe takes flight/Katsura Funakoshi
Text/Hirosuke Yabe
List of Works
Biography

Author/Hirosuke Yabe
Essay/Katsura Funakoshi

B5 modified
Paperback with cover
160 pages
approx.100 plates

【展覧会情報】
矢部裕輔展「君とダンスを踊りたい」
会場:日本橋三越本店 コンテンポラリーギャラリー ≫
会期:2022年5月11日(水)〜2022年5月23日(月)

オフィシャルホームページ
矢部裕輔 OFFICIAL WEB ≫

◆矢部裕輔(やべひろすけ)
1972 神奈川県生まれ。
2002 東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻卒業。
2004 東京造形大学造形学部美術学科研究生。

主な個展:
2005 矢部裕輔個展(神奈川県民ホールギャラリー、神奈川)
2006 矢部裕輔個展(K’s Gallery、東京)
2007 矢部裕輔個展(板室温泉 大黒屋、栃木)
2010 矢部裕輔個展 ―体感覚するそれぞれの家族(K’s Gallery、東京)
2014 YABESUKE SCULPTURE EXHIBITION(天王洲セントラルタワー、東京)
2015 スクラップ アンド ビルド(天王洲セントラルタワー、東京)
2016 矢部裕輔個展(t.gallery、東京)
2018 Faithful Dog Man(Cindy Rucker Gallery、ニューヨーク、アメリカ合衆国)
2018 犬男と鶏(t.gallery、東京)        
2020 Fixing a Hole(Richard Heller Gallery、カリフォルニア、アメリカ合衆国)
2020 ロス・カプリチョス 狂騒曲(t.gallery、東京)       
2022 Rhapsody(Richard Heller Gallery、カリフォルニア、アメリカ合衆国)
2022 君とダンスを踊りたい(Mitsukoshi Contemporary Gallery、東京)           
   
主なグループ展:
2011 第8回 団DANS ―Hierher Dorthin― こちらへ あちらへ(ゲーテ・インスティトゥート、東京)
2016 Charles Dunn / Hirosuke Yabe(Cindy Rucker Gallery、ニューヨーク、アメリカ合衆国)
2018 NEW WORK PART: MATERIAL(Cob Gallery、ロンドン、イギリス)
2019 HIROSUKE YABE / ANETA KAJZER(CONRADS、デュッセルドルフ、ドイツ)
2020 None Sing (Cindy Rucker Gallery、ニューヨーク、アメリカ合衆国)
2020 A Common Gesture(CONRADS、デュッセルドルフ、ドイツ)

YouTube「矢部裕輔展 君とダンスを踊りたい」
MITSUKOSHI 三越 公式チャンネル